アラフォーで無職で独女です。なので、アンチエイジングと節約します!

アラフォー独女のアンチエイジングと節約術

節約

不動産の相続登記を自分でやってみた!

更新日:

去年になりますが、土地、家の相続が発生し、

名義変更をしないといけなくなりました。

司法書士に依頼しないといけない!と思っていたわたしは、

お金かかるから嫌だなぁと暫く放置していました(^_^;)

しかし・・・火災保険の契約が終了したため、新たに違う保険会社に契約しました。

その際に、名義変更をしておかないと災害があった時に支払われない。

ということで、あわてて登記相続をやることとなりました。

お金かけたくないので意地でも自分でやってやる!!と決心!!

果たして・・・素人が出来るのか?専門家に頼まなくても大丈夫なのか?

 

 

節約先生
司法書士にお願いすると、6万~12万費用が発生してしまうのよ!

 

自分で申請することはできないの?
ウサコさん

 

節約先生
大丈夫!!自分で出来ます!!意外と難しくないのよ。

 

プラセンタサプリメント

 

 

不動産登記を相続するための流れ

登記を相続するとは、その不動産の名義を変更することです。

 

1.必要な証明書等を分かる範囲で集めます。

  • 亡くなった名義人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 法定相続人全員の印鑑証明書(遺産分割協議書に押印した分)
  • 相続する人の住民票の写し
  • 被相続人の住民票(除票)
  • 法定相続人全員の全部事項証明書(戸籍謄本)
  • 固定資産税評価証明書
  • 登記事項証明書

などです。

 

2.必要な書類を自分で作成します。

  • 登記申請書
  • 遺産分割協議書
  • 相続関係説明図

などです。

 

3.法務局へ電話して、必要書類を分かる範囲で作成し、まずは相談。

 

4.不備のあった書類の修正、必要書類が不足していれば集めます。

 

5.法務局へもう一度相談後、提出

 

6.1週間後、法務局から連絡が無ければ不備なし!!

 

7.法務局へ書類をもらいに行く。

 

1~7の順に、最短で2週間くらいかかるかと思います。

遠方の区役所から戸籍謄本を取り寄せるのに1週間。

申請してOKもらえるまで1週間。

その間に書類作成や、最寄りの区役所で証明書等を取りに行きました。

 

【アイテム訴求・クリーム】サエルトライアルセット

 

 

相続登記に必要な書類を集める

登記事項証明書を探す!

これに記載されている内容を「登記申請書」に記入しなければなりません。

これがないと始まりません!!

自宅に保管してありました。

ふぅ~良かった!!

もし無くても法務局で証明書を発行してもらうことが出来るそうです。

 

 

現在の名義人の出生から亡くなるまでの戸籍謄本を取得

遠方から取り寄せる必要があったため、郵送での依頼をお願いしました。

必要な書類を封筒に入れてポストへ投函!!

メモ

戸籍謄本の取り寄せに必要な書類
・ 戸籍謄本等の交付請求用紙(サイトから印刷して記入)
・ 本人確認のための身分証明書のコピー(運転免許証等)
・ 戸籍発行のための手数料(郵便局で定額小為替を購入して同封)
・請求者本人の住所宛ての返送用封筒(切手貼り付け必要)

戸籍発行のために、1通300円とか、450円とか、750円が必要です。

それをどうやって遠方の役所に送るの?

と疑問に思ったのですが、

郵便局で「定額小為替(ていがくこがわせ)」を購入し、封筒に入れて郵送すればOKなのです!

ただ・・・

戸籍謄本等が1通とは限りません。

なので、まずは電話で問い合わせしてから送りました。

「定額小為替」は郵便局でのみ購入できます。

手数料が100円かかりました。

そして普通郵便でポストに投函後・・・1週間ほどで届きました☆

定額小為替も入っているので、普通郵便が怖いと思ったのですが、

節約のために82円切手貼って投函しました(^_^;)

 

 

固定資産評価証明書を取りに行く

これは、わたしは取りにいきませんでした。

というのは、固定資産税は、1年に一回1活払いか、年に4回分けての納付をします。

その時に納付書と一緒に「固定資産税・都市計画税(土地・家屋)課税証明書」が送られてきます。

それが固定資産評価の証明になるのです。

なので、きちんと取っておきましょう!!

 



自分で書類を作成する

相続人全員で遺産分割協議書を作成

遺言がない場合は、以下の二種類の相続を決めることができます。

  1. 法定相続分どおりに相続する。
  2. 誰か一人に相続する。

1は、法定相続人が、数名いれば全員割合は違えども相続することになります。

2は、法定相続人が話し合って、誰か一人に相続することを決めます。

 

今回、誰か一人に相続することにしました。

そう、わたし一人が相続することになったのです。

 

その場合、他の法定相続人から「あなたに相続してもいいよ!!」

という証明書を作る必要があります。

それを「遺産分割協議書」と言います。

 

「遺産分割協議書 不動産のみ 雛形」とネットで検索して書き方を調べました。

いろんなパターンがありますので、自分に合ったものを選びましょう。

この「遺産分割協議書」には法定相続人全員の印鑑登録証明してある印鑑の押印が必要となります。

「実印」というやつですね。

持っていない場合は作る必要があります。

そして、ここに押した印鑑全部の印鑑証明書ももちろん必要となります。

 

 

相続関係説明図を作成する。

これもネット検索して書き方を調べました。

誰が被相続人(亡くなった人)で、誰が法定相続人(家族など)の関係が分かる図を作成します。

これを記入することで、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を返却してくれます。

別にもう他に相続は済んでいるからいらないなぁと思って作らないでおいたのですが、

法務局の相談員さんに作っておいたほうがいい、とアドバイスもらったので作ることにしました。

相続する人に「相続人」相続しない人に「分割」と記入します。

なぜ「分割」と記入するのか良く分かりませんが、

そう書くもんなんだそうです。

 

 

法務局の相談員さんに書類を見てもらう。

書類が合っているかどうか、登録免許税がいくらなのか、提出の仕方など教えてくれます。

おそらく、その方面で活躍され、引退された方々が相談に乗ってくれているんだと思いました。

年配の方が多かったので・・・。

とても親切に対応してくださいました。

わたしは、2回相談に乗ってもらいました。

1回目は、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本が一部無かったことが分かりました。

戸籍謄本、解読するのが難しいんです(T_T)

相談員さんが教えてくれたので、書類の不備に気付けました。

他にも自分で作った書類に不備があったのですが、

教えてくださり修正することができました。

 

後日、書類を揃えてもう一度相談に乗ってもらい、最終チェックをお願いしました。

書類が全て揃ったので、書類をホッチキスで一冊にまとめ、割り印を押して、登録免許税を収入印紙で貼って提出します。

これらも全部丁寧に教えてくれ、収入印紙で貼る意外は全て相談員さんがやってくれました。

相談料は無料ですからね!!とても助かりました☆

 

 

法務局に提出!!

相談員さんに書類を作ってもらって、そのまま窓口へ行き、提出。

1週間、法務局から連絡がなければ不備がない。ということです。

途中で不備があれば連絡がきて、すぐに修正が必要となります。

わたしは、無事連絡が無かったので、1週間後の翌日に法務局へ行き、

出生から死亡までの戸籍謄本、固定資産税・都市計画税(土地・家屋)課税証明書の原本を

返却してもらい、登記識別情報通知をもらいました。

この「登記識別情報通知」はただの用紙です。

ですが、超大事!!だそうです。

これを大事にしまっておいて完了!!!!!

 

節約先生
複雑な家庭でなければ、手続きは簡単☆

 

自分でできるかどうかは、まず法務局の相談員さんに聞くのがいいですね!
ウサコさん

 

節約先生
そうね!相談は無料なので、まずは相談することをオススメします☆

 

 

結局、かかった費用は・・・

  • 戸籍謄本とか印鑑証明など取得するのに全部で約5,000円以下。
  • 登録免許税で約30,000円。(不動産が大きいともっと高いんだと思います。)
  • 交通費 0円(自転車で行ったので。)

もし、司法書士にお願いしていたら、さらに+6万~12万かかります!!

 

時間がある人には自分でも出来ます!!

なるべく早めに名義変更しておきましょう!!

しなくても罰則はないそうですが・・・★

 

 

ラクトフェリンラボ

ブログ村のランキングに参加しています☆
良かったらぽちっとお願いします(*^_^*)
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

-節約

Copyright© アラフォー独女のアンチエイジングと節約術 , 2021 All Rights Reserved.